KEY EARTH
混沌とした「Chaos」の英語読みの発音をもとに命名いたしました。いろんなものがごっちゃ混ぜになってる、そんなブログと私の人生をこんなネーミングにしてみました。
201701<<12345678910111213141516171819202122232425262728>>201703
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
糸魚川の大火事2 雁木の再生
前の記事に示した通り、雁木はその所有する家・商店とつながって初めて、意味をなしてきます。私はここを強調します。ただ庇のついたアーケードならばお金さえあれば行政にも簡単に作ることができます。雁木通りと家は、まさにその家の玄関だけでなく窓の役割を果たしているのです。

糸魚川の大火事において死者が出なかったことが注目されています。これは隣近所との強いつながりがあったと思われます。あるいは、外の空間とのつながり(外で何が起こっているか状況が分かる)が強いからではないでしょうか。私はここにこそ雁木通りの特性があると思います。

玄関、あるいは店先をでればすぐに雁木通り、そして隣人の玄関もみえるのです。その玄関を通りから全く隔離してしまうような建築になっては、隣近所・雁木通りでつながる関係を破壊してしまうのです。例えばアパートの入り口も一列に並んでいますが、扉に個性はなく無機質で、互いのことを知りません。ただ庇や通りを保存・再生してもこのアパートのようになってしまいます。

アパートや新興住宅の場合、地縁はなく代々の信頼関係はありません。しかし地方都市で雁木通りのように昔から代々住んでいるところでは、互いの顔・親の顔、職業や家族構成もしったものです。そこに簡単でもあいさつや思いやりがあるのは容易に想像できると思います。隣近所の付き合いは面倒なところもあるかもしれませんが、ほどよい距離を保っているのが雁木通りの役目だと思うのです。

だからこそ火事などあれば声もかけやすいし、外の様子も感じやすい・・ 糸魚川の火災が大規模だったのは、雁木通りという木造の古い建築物が原因でもあり、死者がでなかったのも雁木通りのおかげともいえるのです。

とくに過疎化・高齢化が進む地方で、この雁木通りというシステムは適していると思います。過去に道幅を広げるために撤去されコンクリート化されたアーケードになった雁木は果たして成功と言えるのでしょうか。町の情緒あふれる景観として雁木だけを残せばそれでよいのでしょうか?はなはだ疑問です。建築学、行政の方々に期待するのは、地方における個人を孤立させないでほしいということです。糸魚川の復興にどうかこの考えを参考にしてほしいと思いました。
スポンサーサイト
糸魚川の火災と雁木
またとても長く間が空いてしまいました。今回筆をとるきっかけになったのは、故郷新潟(上越)の事件「糸魚川の大火事」です。
なぜかと言えば、私は大学で 地域研究という歴史民俗学的な学部におり、雁木を卒業研究の題材としていたからです。
その経験や、故郷あるいはそれに似た地方都市を想う気持ちがあって、この機会に全国の人に知ってほしいことがあるからです。

2016年12月、糸魚川で大火災と聞いてまず思い浮かんだのは「雁木」でした。当初火災ばかりで、なぜ燃えたかまで詳しくは報じられていませんでしたが、地元の人間にはすぐにピンときました。

新潟の住宅(店・工場を兼ねた住宅)の多くは、入口の間口が狭く、奥に広く細長い、珍しい形となっています。これが通称「ウナギの寝床」です。そして隣の家とぴったりとくっつき、通りに狭い間口(入口)を面しているのです。つまり道を歩けば、それぞれの家・店の入り口が軒並み連ねているのです。道に面しているのは住宅ならば玄関、商店なら売り場、工場なら作業場兼商談の場となっています。様々な生活の模様が歩きながら見て取れるのです。

雁木高田(Wikipedia より)


しかし、その道とは公の道路ではありません。それぞれの家の’’私有地’’なのです。 それぞれの家が、車道とは別に道を作るべく少しずつ後ろに下がることで、そのスペースを出し合うことで道となっているのです。更にその道の上は、それぞれの家によって庇が作られています。これこそが、「雁木」なのです。

これはもとはといえば、豪雪地帯に存在する「栄えた都市」の知恵なのです。数メートルも及ぶ雪によって冬の交通がマヒしないように、車道・公道とは別に雁木を歩道として冬でも歩けるようにしたのです。ともすれば、車道を横断して向かいの雁木通りに行けるように、雪のトンネルを掘ったと言います。車は走れないものの、軒を連ねた家の中にはスーパーに変わる商店などが存在したため、歩いて生活できる街だったと言えます。まさに雪国の伝統の知恵といえるでしょう。

雁木雪


雁木はそれぞれの家がつけているため、少しずつ形などが違うわけですが、互いに高さをそろえたりしています。そして多くは木造でした。財力のある家は、地面を石畳にしたりと工夫を凝らし、街全体の趣のある風景としても知られていきました。
木造であり隣近所と続いていれば、当然火事の心配は大昔からあるわけです。消防団などは必要不可欠な存在でありました。(どこの地域でも必要なのでしょうが、私の卒論でその特異性を示すまでにはいきませんでした。残念。)

今は積雪量の減少(良いことのようですが)や、道路交通・自動車の発展、普及 そして何より、雁木通りに連ねる家は職業と結びついてこそ間口を売り場や見せ場として利用していたので、その後継者の減少・転居により 衰退していきました。これまで雁木の中だけでも生活できていたものが、外に大きく広がっていったことで、雁木もただの庇がついた歩行路 あるいは街のシンボルと化していきました。それもやがては取り壊されて通りの一部分だけ雁木がなくなっていたり、改築してコンクリートに姿を変えていきました。伝統的な街並みとして町おこしの題材としても見られるも、街全体でなければなかなか効力を発揮しきれないように思います。

かなり大まかではありますが、雁木の概要をお伝えしてきました。私の卒業論文のフィールドワークとしていろんな方にお話を伺ったことで、この現実を立体感を帯びて説明できていたらいいなと思います。

さて、そこで雁木のこれから を担うのは誰なのか。火災で焼失してしまった糸魚川は今後どうなっていくのでしょうか。

これからの雁木の大きくかかわっていくのは、次の4つと言えます。ひとつは当然その所有者、住民です。つぎに、行政。それに付随して、町の振興を狙う文化振興団体 そして 建築学者 です。

雁木が街の景観として途切れないよう、もしくは隣近所に気を遣って雁木を維持しようとする住民の負担を減らすべく、一部の行政は雁木の新改設に費用援助をしているそうです。しかしそこに情緒豊かな景観を維持する策を講じていないのは見てすぐわかります。ただ庇があればいい、家(商店)とのつながりを失った雁木がぽつんと鉄筋コンクリートに変わって立っているだけです。

文化振興団体は、雁木の精神 というスローガンを掲げて古き良き景観を維持しようと、一部の古民家・町屋を拠点として活動しているようです。ここも私の卒論では十分に活動内容まで取り上げられなかったというか、何をしているのか正直わかりませんでした。当時の私の無知や世間知らずがあったせいもあります。町屋での集会におじゃましたのですが、温かい雰囲気はあったものの、雁木のこれからを議論するというよりは、回顧主義的な印象をうけました。昔はよかった、今は過疎化が進むばかり・・。嘆く気持ちもわかりますが、古い=素晴らしい だけでは現状をよくすることはできないと思うのです。雁木の精神 というのも、なんとなく「古いものを大事にしよう」と言っているだけで、理論的な考察や発想を感じることはできませんでした。単なる精神論で雁木は成り立ってはいないのです。 当時ここまで穿ってみることができなかったのは自分の社会に対する無知だったと反省しています。

雁木の調査をしているのは、主に建築学の方々でした。民俗的な調査資料も多少はありましたが、簡単な歴史・特徴を述べているにとどまりました。実際調査に入っているのも、新大の建築分野の方々で、道幅や屋根の高さを測ったり独立した「モノ」として扱っている印象でした。雁木を景観として維持・文化としてとらえるために、こうした方々が関わるのは当然のことなのですが、本来の雁木の意味に欠けると感じました。

社会の変化により、いまや雁木は家・商店とのかかわりを失っていると言えます。ではどのように雁木通りとして残っていくべきなのでしょうか。糸魚川で焼けた町はどのように再生すればいいのでしょうか。雁木を残さないという選択も当然ありますが、ここは 残す ことに未来を感じてみたいと思います。



テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

フィギュアスケートのペイントバック
フィギュアKM

お母さんから頼まれて、お姉さんへのプレゼントに描きました。
久々にダンス関係の絵。バックだからとかTシャツだからとか考えず、単純に好きなように描きました。この方が楽しい。そしてうまく描けた。もちろん、プロスケーター・プロ写真家の写真を見て描きましたよ。

P7101040.jpg

雨にぬれても、洗濯しても落ちませんよ~^^

こんな適当でも、布に描いて完成度が高まるなら、布に描いた方が良さそうだ。
美しいバック。お母さんは無地のが見つからなかったらしく、裏面はなんだかわかんないロゴがあるのが残念ですが、まあ身内にあげるんだからいいでしょ。
お手紙ほっと一息
クライミングのコンペが終わり、今までで一番といっていいほどのヤバイ筋肉痛・・。最終2位で、予選で使い果たすというくらい登ったけど、振り返るとまだまだ頑張れたんじゃないかと思ってしまう。。あと1本登っておけば・・そしてへろへろの状態で臨んだ決勝はすでに力尽きてしまっていて、ニアミスがあったような。サドンネスというルールも、最後せっかく残ってもすでに2位でいいやという気持ちがあったのかも・・反省。
でも本気でたくさんの人が応援してくれて、決勝も沸かせられたし、かなりいい思い出になった。もらった賞品もインパクト大。クライミングブランド8b⁺ のチョークバック・・ではなくリュックサック笑 恥ずかしすぎだろ!
8b+web.jpg


翌日は廃人でジムの店番(オリンピック効果なのか初めてクライミングに来た人が27人もいた!)をし、その翌日もやや廃人・・やっとのことで落ち着いて友達に手紙の返事を描く。絵の好きな友達。クライミングやってると、PC作業やデスクワークで肩が凝ってしょうがなく支障があるのであまりやらなくなった。けど、お返事かくのをきっかけに、リアル・リヴァイ 描いてみた。微妙に不細工なところがポイントなんだから!あと、顔が疲れてるところ。
ネットの外国人男性の画像をもとにしてみたけど、たまーにやってもいいかなーと思った。すぐできるし。鼻とかうまくかけないから練習になるね。


001_20160629125302dd2.jpg
結婚式ウェルカムボード
なんと1年ぶりの更新になってしまいましたー(><;)
絵は最近まともに描いておりません。
ただ、大事な友達の結婚式などで頼まれた場合は描きます!
自分の個性とかよりも気持ちがだいじなので、取り組みやすいですね。

001_201606031323531de.jpg

P4150962.jpg

二人とも、似顔絵じゃ なーい!

その方がいいんだけどね。似てなかったら嫌だし、うまくデフォルメする勇気ないし。
一つ目は、猫(猫いっぱい飼ってきたので)と、ラナンキュラスで。
二つ目は、海の生き物とブルーで。 こっちはメリハリが大事だったと反省。でもどっちも気に入ってくれた。

人のために描くのも、いいもんですな。

最近は、絵がうまい人が世の中にいっぱいいっぱいいることを知って、自分の大したこと無さや、嫉妬や、憧れや、諦めを感じるこの頃。
器具の充実もあると思う。私が幼いころ、PCでイラストをかく機能なんてなかなか手に入らなかった。漫画やポーズを練習する本なんて身近に売ってなかった。田舎だったからか、流行っている一部の物しか、目にすることができなかった。世の中はこんなに広かったのに。そして親もそれを積極的に応援はしてくれなかった。

・・・とまあ愚痴や後悔なんて、いくらでも書ける。
でも同時に気づいた事。
クライミングに出会ってわかったこと。

私、世の中でべらぼうに絵がうまい人たちほどの努力をしていない。
私がここまでクライミングで強くなった分の努力や熱意は、絵に対してはなかった。そういうことなのだ。

別の言い方をすると、今自分はクライミングで根拠のないモチベーションを持つことができ、分野は違っても同じ思いでプロでもないけど描いてる人たちがいて、
私はうれしい。
その人たちとやっと同じレベルになれて。
分野はちがったけど。

絵も、そのうちまた描き始めるかもしれない。

とにかく、二人ともお幸せに!
幸せの形はいろいろ。
人の持つ幸せに合わせようとすると、ぜったいに苦しくなる。
最近はやっと旦那とうまく歩調を合わせることができるようになった。

自分らしく
そんな自分を解ってもらえるように。

そしたら、相手も解ってくれる。

テーマ:思うこと - ジャンル:学問・文化・芸術

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。