KEY EARTH
混沌とした「Chaos」の英語読みの発音をもとに命名いたしました。いろんなものがごっちゃ混ぜになってる、そんなブログと私の人生をこんなネーミングにしてみました。
201203<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201205
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
not for climbing
たいした絵ではありませんが
最近、些細な思い出をイラストに集約するのがマイブームです。
深い意味・正しい意味は他人に伝わらなくても良いのです。
自分の思い出だから。

4月の思い出

フォトフレーム用に入れるためにさっと描きました。4月の思い出。

not for climbing

こっちは最近の自分の様子など。
必死にバイトしてるところや
旦那さんとクライミングをしているところ
登りすぎて腕がもげそうなくらい痛いところ
一緒にお花見行ったのに寝てしまった旦那さんの肩を叩いてみたところ
希望の職種に就けた旦那さんの密かな満足
次の日になれば仕事から帰ってきてくれる楽しみ。

4月は喧嘩したこともあったけど
そのほとんどは旦那さんに対してじゃなくて
環境に不慣れで
周囲に対する不満がつのってしまったことや、ヤキモチだったり。
心細さをわかってもらえないもどかしさだったり。

描き込む絵もたくさん描きたいけど、最近はこんなのばかりでお休み中。
もう少し完成度を上げれば、人のためにこういう作品を描くのもアリかな??
なんて思案中です。





ところで、昨日今日ととても過ごしやすい春の日でしたね。
春・・・というより初夏を匂わせるような空気。
虫の声が心地よくて、窓を開けたまま寝ていました。
小中学生の時は、たしか田圃ばかりのところに住んでいて
夏はまさに昨夜のような環境で育ったことを思い出しました。

そんなところを、ちょっと散歩に誘ってくれた旦那さんに感謝です。

5月もいい思い出がたくさんできますように!
スポンサーサイト

テーマ:イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

バレエ2
再び、バレエの絵です

dance alone

さいごに水で濡らしたところがしわになってしまいました。。

あまり深く考えずに描きました。最近はそういうのも大事なんじゃないかな、と思います。
もっと思い切りいろいろ描きたいのだけどなあ。。
なかなか自分の中の垣根が越えられません。

友達で、いつのまにかフリーのイラストレーターとしてすごくなっている人がいて
その人の絵はすごく自由で勢いがあって余すことなく頭の中を吐き出していて…
みていてとても気持ちがいい。
画風は違ってもそんなイラストが描きたいんだけどなー!

しかし、アナログだとポップなイラストには限界があるのだ。
どうにかして色鉛筆の良さをもっと活かしたいものだ!

テーマ:ダンス - ジャンル:学問・文化・芸術

bouldering
bouldering

今回はクライミングについて書きたいと思います。
クライミングを続けて早2年が過ぎ…
クライミングで出会った、そして初めに手ほどきを受けた男性と結婚しました。
思えば、クライミング歴と出会ってから経つ月日は同じなのですね。
彼を追いかけて、ずっとクライミングをしていました。

まあ、私がクライマーらしかった時期はもう過ぎた気がしますが。。
今は強くなる意欲が少し低迷中です。外もすごく行きたいと思わない(寒いからか??
てか、仕事辞めてこっちにきてから登りたい放題で
ペースがつかめず、指の痛み(指関節の炎症?がおさまりません。。
前腕ではなく二の腕の裏っかわがめちゃくちゃ痛いです。これは彼曰く やりすぎ なのだそうです。

環境が激変して1か月が経ち、知らず知らずのうちに疲れがたまっていたようで
入籍(3/30に岐阜市で入籍しました)直後、、頭の中が破裂してしまいました。!
といっても、そんな私を旦那さんはちゃんと受け止めてくれたので、だいじょうぶなのです。

で、、自分なりに、今後しばらくどのようにクライミングと向き合うか、を考えました!(着地点おかしいね!

climbing drawing

今私がいっているジムは、かつてのホームジムよりもかなり緩やかで、店長さんが独特です。
とてもいいジムだけど(店長さんも好きだけど
ぶっちゃけ川越ロッククラフトのパワフルさはほとんどない。
女の子も、少ない。
強い人も少ない。
いろんなムーブを観察できない。
旦那さんがそのジムでは強すぎて、なんか私は近づきがたい!悔しいからなのかなんなのか、なんとなく一緒に登りたくない!(いつか一緒にクライミングするために続けてきたのにね!笑

そこで、こうすることにしました。。
・今までの自分のペースでやる(一人の世界に入る。
・人の輪に入らなっきゃ!仲良くしなきゃ!って思わない
・パワフルな動きをする。かっこよく登る。

最後のは結構重要です。
こっちのジムには、川越にいた若い人勢の足が切れる、でも軽やかなカッコイイムーブをこなす人が少なくて
それでつまづいている人もいるのです。
いつしか川越にいて、自分もパワフルムーブが少しできるようになってきて
それが多分すごくプラスだったから、怖がらずにまたやってみよう! せっかく良いお手本を見てきたのだから!

川越を出る直前、ジム仲間の一人に、パワフルに登れるようになったことを、足が切れる、というふうに指摘され、ちょっと反省して気をつけていたのですが。。
もうすこしハメを外すことにしよう。元気よく登りましょう!

あ、あと最近新しい楽しみ方が。。
ジムで受付をしていて、たまーーに全くの初心者の方がきます。
自分はあちこち痛くてあまり登れないので、初めての人と一緒にやると、また違った充実感が得られます。
この前は、お母さん、小学生の兄弟ともに全くの初心者、という方が来ました。
ふたりともしっかり登ってくれたので、私も嬉しかったです。。



旦那さんとはしばらく一緒に登らないでしょう
他の仲間と登っているのをみると少し切なくなるときもありますが。。こっちのことも見てくれているので
私は私で安心して登ります。私も彼の活躍?を陰ながら見ることにしました。

富士川ボルダーへの道のり

これは、いつか彼と山梨の富士川ボルダーに行ったとき。アプローチは橋の下ですぐそこに見えたのに、
いざ行くと川に岩がせり出していて・・・ そのまま歩けない!
とても短かったけどトラバースしました。以前にも、氷穴の中の斜面で歩けないところをトラバースしたことが…

そんな思い出を胸に、クライマーの彼とこれからもがんばっていきます。

支離滅裂な日記ですみませんでした!!

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。