KEY EARTH
混沌とした「Chaos」の英語読みの発音をもとに命名いたしました。いろんなものがごっちゃ混ぜになってる、そんなブログと私の人生をこんなネーミングにしてみました。
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
岩で会った旅の人
人間観察シリーズ始めることにしました!
半分は愚痴になると思います笑 バイト先のむかついた人とかw(だいたいそーゆー人は辞めてるので。

第一回は、岩で出会った旅人のお兄さん。
001_201411041947073ca.jpg

私はボルダリングを5年やってるんですが、当然外の岩(boulder:巨礫)も行くわけです。
で、近くにナイスなボルダーがあって、遠方からも人がたくさんやってきます。
このお兄さんもその一人。

バタフライ岩(岩にいろんな名前がついてる)にいるところへやってきたこのお兄さん。
遠目に見るとわりと肉付きが良くて、ボルダラーにみえず、なんとボルダーマット(落ちた時の衝撃吸収専用のマット)ではなく、布団のうっすいマットレスを2枚、紐でくくって背負っておられました。

だいたいこういう無謀な人は、強い人です。
登り始めると、モンスター級ではないものの、全身がめっちゃ太い。骨も太い。そして、強かった。
ボルダラーはだいたい上半身だけは筋肉隆々で細身がポピュラー。でもこの人はちがう。足腰もかなりしっかりしてました。
で、上下ユニクロの部屋着?っぽくて、穴もあいてたんだけど、身体がしっかりしてるからふつーに立派にみえましたよ。
スニーカーも結構くたびれてたけど、気にならない。
強い人はこうでなくちゃ。

そしてやはり、ボルダラーではなかった。山登りにロッククライミングを取り入れている、すなわちアルパインクライマーなのでした。いや、みれば分かるよね。言われなくてもね。「僕、ボルダラーじゃないんです」っていってくれたけど。

東京からお越しの、東京ボーイと思いきや29歳。
童顔ではあるけど、きりっとした黒眼と長いまつげと、接しやすい人柄が素敵でした。
お肌もきれいでした。
山岳ガイドと荷揚げをやっていらっしゃるそうで、今は長い休暇で、1週間ずつこの近辺の岩場を渡り歩いているそうです。
指の皮もつんかいな。

目が綺麗な人でしたね。久々にきれいなものを観たってかんじでした。
私の方はといえば、岩旅についていけない俗世間の人間でした。

クライミングをしていると、世の中には、色んな世界があると感じることが多いです★
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。