KEY EARTH
混沌とした「Chaos」の英語読みの発音をもとに命名いたしました。いろんなものがごっちゃ混ぜになってる、そんなブログと私の人生をこんなネーミングにしてみました。
201805<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201807
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
産褥期の過ごし方
妊娠6か月中盤・・。

義母のいうことが、なんでもうっとうしく、面倒に聞こえる時期・・というか私の精神状態。そんなに情緒不安定じゃないはずなんだけどなー
実際うっとうしいこと言ってきてんのかもしんないし。

けど、ググって情報収集すると自分の何倍もやばそうな義母もってるお嫁さんもいるから、やっぱ自分はまだいいほうなのかも。

それに祝ってくれることはありがたいことなんだし・・どんなに息子と孫が可愛くても、嫁は嫁っていうのは全国共通だし・・。嫁はその愛を利用して賢く生きるしかないのよね。

それにしても、産褥期の情報や経験談を収集するとやっぱり不安。
というか、すでに義母に面倒見てもらわないほうがいいよっていう義姉さんのアドバイス・・

ただ私が少しでも気持ちを鎮められるのは、実母に頼んだ人でも嫌な思いをしてしまってる人が多いということ。私は実母が精神疾患であり、もともと家事が下手なため頼れないけど、そんな事情がなくても嫌な思いする人がいるんだ・・。

それなら諦めもつく。

それに、義母なら間違いなく家事はできるので、余計なことばさえ気にしなければ!産褥期は乗り切れるはず。
スポンサーサイト
マタニティブルーって?
妊娠6か月になりました。順調に育っていることが胎動でわかる。。


なんか、妊娠願望が大きい人でも、いざ妊娠すると不安で泣いたりするらしいね。 なんじゃそりゃ。。
それだけ、人の気持ちって移ろいやすいし、不確定なものだってことだよね。
固執していることが実はどうでもいいことだったりするってことか。

あとは子供が欲しいけど妊娠が怖い、とか。自分の体の中に人間の命が宿ることにプレッシャーや恐れを感じるんだとか。
・・・中学生くらいの時は、もし自分がそんなんなったら怖い!とか思ったけどそれは中学生だったからな汗
妊娠願望なかったけど、そこは結構ふつうに受け入れられた。自分もそうして産まれてきたんだろうし。
物語的な想像力があるほうなので、それでカバーできてるのかも。
あとは単純に「生物学」が好きなので理系的な意味で面白い。



うちの母親は、先天性の精神分裂症(現・統合失調症)なので、妊娠後のホルモンバランスの大幅な変化によって特に不安定になったらしい。先天性なので、もともとヘンなとこはあったらしい。そっちの親戚も。

精神病じゃない人も、けっこう情緒不安定になるらしい。一部の人は。

ホルモンバランスが変わるっていうのは体にとって抗えない大きな力なので、マタニティブルーの原因でもあるんだろう。

けど、この言葉にそこまで深い意味はないと思う。簡単にいうと5月病みたいなもんでしょう。

だって、ストレスのない人なんて世の中にいないでしょ。色んな悩みやストレスを抱えてる中で、ホルモンバランスっていう追い打ちがきて、それに対応できるかどうか。何よりつわりと貧血ね。身体的なストレスは心にも影響しやすい。しかも命背負ってるっていう。

憂鬱になって当たり前のことなのに、わざわざ病気扱いされるのが私はとっても疑問ですわ。病気扱いされるほうが、「心配されて」安心、あるいは「原因が分かって」安心、という人もいるでしょうけど。まあ、みんなそうなって当然、って思えるのは気が楽になるよね。

私の場合はですねー
そういうよくわからないものへの恐怖、ではなく。
理解の足りない実両親・義両親のストレスですわ。 今まで距離をとれていたけど、これからはそうはいかない。。。😨

みんなね、喜んでくれてる/心配してくれる ことはとってもとっても有難いことなんですよ。そんなの大人だからわかっとりますー

けどこっちは当事者で出産までに色んな事を考えたり過去を振り返ったり、旦那の教育を企んだり、これからの準備をしているというのに、何年も先のことをいきなり「楽しみ」とか言われ続けると もう「この人は親身に考えてくれてるわけじゃないんだな」って思う。100パー思う。
だってそれまでにいくつハードルがあると思ってる?自分たちが楽しみたいだけやろ。

あー疲れるなー。

まだ一人目も産んでないのに、 二人目の話とか。
幼稚園小学校の話とか
孫連れて遊びに来てくれとか
陣痛より破水が先にきて一人だったらどうするんだとか(言い方だよね。情報提供してくれるだけならまだしも・・

いいよね、口出しするだけで自分で考えなくていいんだもん。
あ、これね、たぶん毎週会って言われるから嫌なんだよね。3か月に一回くらいなら・・よゆーで我慢できる。

親ってホント子供依存だね。うちの両親に関してはもうとっくに巣立ってる上に、実家にいる間はたいして家事もしなかったくせに、愛情たっぷり育ててやったみたいな恩着せがましく親面しやがって。
あんたらなんかより、出会って協力し合ってる旦那のほうがよっぽど信用できるよ。
「旦那さんの心の中を窺ってる」なんて失礼な。なんにもできないくせに。余計なお世話だ。


これがマタニティブルーか?ちがうやろ。普通の悩みやろ。
れっきとした原因と元凶があるわっ

けどだいぶスルーはできるようになったな~。もう慣れたのかな。産褥期はまだまだ不安だけど(義母さん頼みなので)。

ちなみに、あれこれ言われすぎると、おなかの子が自分の子供じゃない気がしてくる(義両親や両親のモノみたいな感覚)らしい。それ、なんか分かるな。私は、この子は私たちを選んでくれた って自信があるから、自分の子供と思えないなんてありえないけど
 過干渉な親を持って、自分の子供を投げやりに思いたくなる人の気持ちはわかるなー。

生まれてきたら、どうなるんだろう。うるさいジジババになついちゃうのかな・・
ちやほやされれば子供はうれしいのかな?
ちびちゃんはどう思うんだろう。
クールドライで、ある意味一途なワタシを母に持って、どんなふうに私を見るんだろう。
今こうして愚痴を書いている間にも、ぴくぴくポコポコ動いている。
旦那に似て、我関せずでゴーイングマイウェイな子なのかな。それなら幸せだな。

自分の両親もモンスターだった
先日、私の妊娠に狂喜乱舞している実の両親が、突然我が家に泊まりに来た。

遠方はるばるやってきてくれたのだけど、それも私の体調がよかったから許可したようなもんで。
ふつう、実の一人娘が妊娠したとなれば、心配して何か手伝ってあげようと思って来ますよね。
しかし家の母はそんな気遣いができる「母親らしい」人ではないので、あえて私の体調がいい日を選びました。

お金持ちでもないので、とりあえずもてなしの料理は考えておきました。案の定外食なんて誰も言わず、昼食も晩ごはんも全部私が用意しました。移動が大変だろうから、お昼食べてこなくていいよ、と伝えて。

母は私が小学2年生の時に精神分裂病を発症し、明らかに異常な行動をとるようになり、その後入退院を繰り返しなかなかまともといえる母親ではありませんでした。子供に手を出すようなことはありませんでしたが、子供ながら「家のお母さんは母親としておかしい」と感じていて常に不満を抱えていました。
父はそんな母のもと不自由な子供をフォローしてくれる、いい父親でしたが、言動が過剰になることがたびたびあって、人が傷つくようなことに気づかない面もありました。

なのであまり期待はしていなかったけど(いつも頼りにしている父も移動で疲れてると思ったので) 実際の両親のふるまいは酷かった。。
準備していたお昼ご飯はトン汁だったんだけど、父が「味が薄い!旦那さんがかわいそうだからポン酢でも用意してやれ」といきなり。みそ味が妊娠の影響で苦手なのを話しても、いっこうに謝る気配なし。旦那はとくに不満はないのに。もちろん他に野菜炒めとかおかずもある。
母は私をいたわる様子もなく食後はリビングでゴロゴロしたり、しゃべりたいことをだらだら勝手にしゃべり続けて私は頭痛がしそうでした。もちろん「何しに来たの?洗い物ぐらいして」といいましたが。

母のしゃべる内容が会話にならない(キャッチボールにならない)上、なんの脈絡もなく相手の反応もみず、相手の近況などを聞くこともしないのは・・もう統合失調症をもった性格的なものだと諦めるしかないけど・・ 頭痛がしそうでした。 父は私のうんざりな態度を「ぷりぷりするな」など注意する側に。本当に、この人たちは何をしに来たんだろう。

夜ごはんも・・ 旦那の提案で天ぷらとなりましたが(良い野菜を買ってきてくれたので) 天ぷらって、揚げてる人はゆっくり座って食べれないんだよね。私が揚げてる間に、3人はお酒で乾杯。おめでとう!! と盛り上がってるけど、祝ってもらうはずの私は立ちっぱなしで料理。もちろんお酒も飲めない。どーなの?この状況何も思わないの?

たまの親孝行と思ってがまんしたけど。これが娘を思う親のすることなの?我慢できたのは、体調が安定してたのもあるけど、それなりには親をもてなしてあげたかったから。
簡単だけどこっちだから安くておいしい空豆も炙りで用意したりもした。

けど・・我慢っておかしいよね。
孫ができるのがうれしいだけで、私のことはどうでもいいのかな。

翌朝も私のおごりでモーニングに連れていき、母は朝からアイスが食べたいだの、昨日のトン汁も飲みたいだの・・ それも、私の夜ごはんに残しておこうと思ってるのに「これ全部飲んでいい!?」
食後もリビングで寝そべってる・・。ありえない。

産褥期に手伝いに来たい と言っていたので「もう来なくていい」って5回くらい言いました。こんなの信用できるわけがない。もちろん期待はしていなかったけど、ここまで酷いとは!



何より、こんな父母のもとに育った私が、子作りに励み 母親になりたいなどと自然に思えるだろうか。なぜそこに気づかない。
そんな私に子供を産めと言ってきた両親が腹立たしい。
「とうとう○○も母になるのかー(うきうき)」 という言動に私は吐き気を覚えました。
私が子供がほしいと思えなかったのは、ずばりこの二人のせいだと思う。
傷つくだろうから言ったことはないけど。
我慢の連続。二人の間にいるときは、ずっとこうだったんだ。


義母の過干渉も嫌だったけれど、翌日旦那の実家でバイトで顔を合わせたとき、宅配弁当のほかにみそ汁を作ってくれていて「なんて出来るお母さんなんだろう ここの家の子供たちはしあわせだよな。てかこれが普通なのか」
産褥期のお世話をお願いできるのが、例の実母か過干渉の義母なのか。この二択と思うとしんどかったけど 実母は却下だ・・・

自分はしょせん、義母にとってはいつまでも手元に置いておきたい息子の嫁であり、息子の子供を宿している体 としてしか見られていないんだけど、それでもありがたいと思って 過干渉はスルーするしかないなあ。。

両親に関しては・・ もうこの二人と過ごすときは我慢がついてまわる、なるべくそれをしなくていいよう遠ざける、今回は親孝行できたと自己満足するように、、しよう。。きっと、分かり合えることはないだろうから。老後は絶対にめんどうみない。

友達が
仲のいい友達からの連絡が途絶えてしまった。
いつもそんなに早いレスポンスじゃないので、忙しいだけなのもあるかもしれないけど・・

たぶんそれだけじゃない。

返信がないのは、私の妊娠報告 😿

私もその子も、妊娠に対してネガティブだった。私は不安を持って逃げ続けるのが逆に苦痛になってきて、子作りを解禁、そして突然おなかにやってきた。まさに、偶然。授かった。
やっぱり戸惑ったけど、なんて奇跡的なことなんだろう。こんな私(と旦那さん)を選んで、間に入ってきてくれるなんて。そう思うとありがたかったし、万が一のことがあっても、この子には感じたことのない幸せを与えてくれて感謝しようと思えた。
もちろん無事に生まれてほしい。

自分勝手だったとは思わないけど、悶々としながら過ごしていた期間を共有できたのは、この友達だけでした。
それにこの友達は、最初は私より子供が好きそうだったし、お姉さんたちの子供も可愛がっていた。のにいざ自分が結婚してしばらく過ごすうち、妊娠に不安を覚えて、このまま二人でもいいんでは・・と思うようになっていた。
いったい何が彼女を不安にさせたんだろう。

正直言うと、子供が好きな子でもそんな風になるんだ。おかしいのは私だけじゃなかった!と安心する面もあった。これは少し罪悪感。後ろめたいことはしてないけど、いざ自分が先に妊娠してしまうとどう接していいのかわからない。むしろ返信がないとなると、このままそっとしておくしかないのか・・。動けるうちに唯一会いたい友達なのに。生まれた後となっては・・何年も会えないんじゃないか。

つらいなら何とか励ましてあげたい。

ただ察するに、不安なのは マイペースな彼女が自分の時間を失うことよりも、ブラックな会社が彼女の妊娠を喜ばないこと、経済的なことなのではないか・・。あとは何となくいろんなことが積み重なって頭の中がいっぱいで、妊娠を重荷にとらえてしまっているんじゃないかなあ・・。私と彼女は同じ会社で働いていたのでよくわかるけど、私が同じ状況だったら絶対同じようになっている・・と思う。
仕事が大好きならともかく、自分を大事にしてくれない会社のために人生変える必要はないんじゃないか 😿
うーん、、、心配。

心配されるの、自分は嫌いなくせに。他人のこと心配とかいうやつ嫌いなのに。今回ばかりは・・

まともに考えたらいてもたってもいられなくなってきた・・
そっとしたほうがいいと思ったけど、やっぱりこっちからもう一回連絡しようかなあ・・。
妊娠プレッシャーまとめ ~絶対人に言わないで~
実は妊娠しました!いままでにいろいろと悶々としたことを、妊娠が分かった時から3日間ほどフラッシュバックしました。今まで「気にすることない!」とスルーし続けてきたこと。やっぱり根に持ってた。もう愚痴いいたいわけじゃないんだけど、なんか書かないと気が済まない。なるべく淡々と書く。

一応目的は・・
・自分の思いを整理してスッキリすること。
・もし同じような思いをしている人がいたら、「私だけじゃないんだ!」と味方がいる気分になってほしい
・私が嫌だったことを他人にしないでほしい
・これっていじめじゃないの?!軽くジャッジしてほしい


■ まず自分の妊娠・出産に対する考えから。
子供が好きなわけではない。もちろん嫌いでもない。子供だからと言ってかわいがる人の気持ちは正直分かりません。人生経験が違うだけで、同じ人間として扱います。ちなみに子供からは好かれるほうです。
子供をもうける人生が第一だとは思わない。子育てしている人は偉いしすごいと思うけど、それだけが女の幸せであり、社会的義務だとも思いません。それ以外の生き方も認めるべきだと思います。
少子化やそれに付随する社会的問題は女性が負う責任ではなく、そうした社会でもうまく回るようにするのは政治家の仕事だと思ってます。将来孤独だとかなんだとか、子供は親のために産まれてきたわけじゃない。自分のために産む・育てるなんて・・子供は道具じゃない。ペットでもない。
なので~だから産めとか産んだほうがいいと他人に自分の価値観を押し付ける人は頭が悪いと思ってます。
自然にしていて授かったので、自分を含めた家族が笑顔で暮らせるようにしていきたいと思ってます!


では以下は・・私が上記のような考えのもと自分の幸せにのっとって旦那と楽しく毎日を生きている最中に言われた「それってひどいんじゃないの」ということの数々です。これを見た人はどう思うでしょう。


□ 旦那の実家側(主に義母さんです) 
※週1日仕事の手伝いに私が旦那の実家に行っていました。これも夫婦になったから、助け合うのが当たり前、別に義母さん悪い人じゃないから。と今もバイトとして続けています。

・(話したくないのに)仕事の休憩時間は私と時間を合わせてきて別室で二人でご飯を食べます。
・毎週、年齢を聞かれる
・毎週、結婚何年目か聞かれる
・周りの友達は結婚したか出産したか聞かれる
・旦那は夜勤が多いので、さびしいでしょう!と言われる
・旦那はかなりアクティブで、私を山や川や岩に連れていってくれるのを、「子供を産んだら落ち着く」とマイナスにとらえる
・あなたたちの子供はどんな子かしらね と言われる
・さりげなく、「子供は早いほうがいいわね」と言ってくる
・親戚で40で出産した人に対し「40で産むなんて、ねえ?」という。


そしてある日。義母が突然キレました。
・だからっ 子供は早く産まなきゃいけないっていってるでしょ!!
  ↑ 私ほぼ何も言ってないのに。突然ヒステリー起こしました。私はなにもしていないので、ちょっと反省したっぽかった。更年期再来か。

義姉は、子供を私よりずっと望んでいて、不妊治療をしているのにもっとひどいプレッシャーをかけられ夫婦げんかも大変だったようです。そこで私が辛くならないように、義母にきつく釘を刺してくれました。その結果以下のようになりました。


□ 義母からのプレッシャーセカンドシーズン。。

・子供を産め とは言ってこなくなったものの 「子供のない夫婦は・・・・・・・」 が口癖に。・・・・には全く理屈の通らないワード。
とくにびっくりしたのは、「うちのインコは全然言葉を覚えなかった。近所の八百屋の夫婦は子供がなくて時間があるからインコに言葉を覚えさせて。よくしゃべれるインコだった」
・義母の実家が土地持ちの大金持ちで、田んぼを頼んでやっている。で、余った古米(それも2年も前のとか)を食べきれないとかで持ってくる。ものすごく臭いこともあってとてもまずい。
・いつも通りに「お米まだある?」と聞いてきて、食べたくないから「まだあります」というと  「上の兄弟は子供がいるからすぐなくなるのに。二人だと減らないわね」
この日を境に、一応味見はするけど不味いものは捨てることにした。
・ある日仕事に行くとたまたま義姉家族(子供2人に恵まれました^^)が。昼ご飯はいつも無理やり時間を合わせてくるのに、私が事務所で義姉にあいさつするなり「先にご飯食べてきて」と。つまり一人で先に食べろと。義姉も「え?みんなで一緒に食べるって言ってたのに」と残念そうだった。 前述のとおり子供には好かれるので上の子は私がどこへ行ったのか聞く始末。

□ 義母の実家Ver.
義母の実家は、家から30分ほどの土地持ちお金持ちのおうち。そこではお野菜もおすそ分けしてもらってとてもありがたいし、田舎の人という感じで皆優しいのだが、ここでも子作りプレッシャーが半端ない。

・お金持ちなので、来訪すると 人数×1万円 をいただく。もちろんうちはそれほどお金に困ってないのでいらない。
・帰り際には「早く子供を産むように。産まないと、お小遣いも増えないよ」という優しい顔でおばあさんに言われる・・
・毎年、おばあちゃんの誕生パーティと称して食事会が開かれる。もちろん孫・ひ孫の顔見たさに。絶対に行かないほうがいいのに家も行く羽目に。旦那にとっては「おばあちゃん」だから仕方ないのか・・と無理やり自分を納得させて参加。
やはり子供なしはうちだけ。それにその年に生まれた子が2人。新生児の名前を黄色い声で呼ぶ義母に辟易して気まずく座っているしかない。もちろん最後にお決まりの1人1万円手渡しがありお約束の文句を言われ解散。早速1万円ゴミのように使った。
「居づらい」という空気は一生分かってもらえないようだ。法事の時はうちみたく夫婦2人世帯や独身もいたからまだよかったのに。この誕生日パーティは幸いこれ以後開かれていない。もちろんご存命ではあります。


子作りプレッシャーだけでなく、差別や偏見的な言い方の多い義母に対してうんざりし、もう顔を見てはしゃべらなくなりました。
決して悪い人ではないのに、私に嫌われるのも、義姉に煙たがられるのも無理はない。損をしているのは自分。かわいそうな人だとも思いました。


以下、私の両親編。
うちの母は私が幼いころに統合失調症(当時の神経分裂症)を発症してとても家庭が不安定でボロボロでした。支えてくれたお父さんやおじいちゃんおばあちゃんには感謝しています。過ぎた時間は帰ってこないけど、今ではちゃんと治療して社会復帰もしてるお母さんには、元気になっただけでも感謝しています。ただしここまでに20年はかかりました。そこで失ったもの、得られなかったものは計り知れません。

□父親編
・お母さんは、お前を身ごもった時に明らかにヘンなことを言うようになったから心配だ。もし、お前が妊娠してそうなったら、旦那さんが一生苦労するからお父さんがお前を引き取る。 と言ってきました。これを聞いて、娘の私がどう思うか想像できないならば、お母さんの病気を悪化させた原因も父に少しはある気がした。おかげでより産みたい気持ちがなくなった・・

・(義両親との会合で)「子供産まないなんて!生物としてまちがってんだよ~!」 お酒の勢いとはいえ。私の考えは、増えすぎたら縮小に向かっていくのが「生物」として自然なことだと思っています。生き残れないから子孫を残す。増えすぎたら自滅の道は見えています。


□母親編
・ずっと私が自分で自分を追い詰めないように気を遣ってくれていたようで、子作りのことは言ってこなかったが。。30歳になって「旦那さんが子供ほしくなったら、あんた離婚させられるんだよ!?」 私の嫌いなしゃべり方で。

そして両親に思う。私の(生涯の伴侶として愛する)旦那さんの、何があなたたちにわかるのか。さんざん私の子供時代を無くしておいて、今ある私の幸せの何が理解できるというのか。それさえも奪おう、変えようというのなら縁を切りたいくらいだ。そんな風に思った。そしてまた、愛する娘の今を生きる姿を全く理解できない親というのはかわいそうだと思った。


□友人編
もうお約束でしょう。お子さんはいらっしゃらないんですか?お子さんのご予定は?ねえまだ妊娠しないの?いつ子供産むの?早いほうがいいよ。女にはタイムリミットがあるよ。歳食ってからだとしんどいよ。

・・あなた方は、既婚女性が今あなたが言ったその言葉以外にどれだけのプレッシャーをかけられているか、想像できないんでしょうか。上の話を読めば、たった友人の悪気ない一言でももうウンザリするほどめんどくさいです。なぜ産まないのか。今いないのか。理由があるから今があるんです。その理由は、あなたにとってどうでもいいことかもしれないけど、それが一番重要なんですよ。理解する気がないならかかわらないで。


copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。